前へ
次へ

税理士とはどういう資格かについて

税理士とは税理士法で定められた国家資格です。業務としては各種税金の申告と申請、税務書類の作成、税務相談、税に関する不服審査手続きなどを行うことが出来ます。また、業務に付随する範囲で必要があれば社会保険労務士の業務の一部を行うことができます。さらに行政書士として登録することもできるので登録を受ければ行政書士業務も行うことが出来ます。税理士として業務を行うためには日本税理士連合会が備える名簿に登録を受ける必要があります。資格を有する者としては、まず試験に合格し2年以上の実務経験がある者が挙げられまず。また23年以上に渡って税務署に勤務した経験のある国税従事者や公認会計士、弁護士も名簿への登録を受けて業務を行うことができます。

top用置換

top用置換2
Page Top